株式会社イセオリ、三重県の工業繊維専門企業です。ガラス繊維・カラミ織・断熱材・ロービングクロス・ガラスクロス・工業繊維を扱います。


 ■ 沿  革
     
   
明治22年 個人企業として綿織物を津市余慶町で創業(現在、津駅前パーキング)
昭和 8年 大森織布合名会社設立
昭和 9年 伊勢織物株式会社を創立、本社工場を三重県津市藤方に置く
昭和16年 大森織物を合併、本社工場(津市藤方)、久居工場(久居市)、並びに部田工場
(津市余慶町)の三工場にて操業
昭和18年 第二次世界大戦に協力のため三工場をそれぞれ松下電器産業株式会社、中西軸受金属
株式会社並びに日本硝子繊維株式会社に譲渡し操業を一時中断
昭和23年 復元操業再開の許可を受ける
昭和24年 三重県河芸郡豊津村に豊津工場を買収し(現、河芸工場)綿織物の操業を開始する
昭和29年 ガラス繊維織物の研究開始
昭和34年 津市栄町に津工場を日本硝子繊維株式会社より買い戻し硝子繊維織物の本格操業開始
昭和37年 合成繊維織物の操業を開始
昭和42年 綿及び合成繊維より撤退し、硝子繊維織物の操業を拡大
昭和43年 津工場、ガラスヤーンクロスJIS認可工場となる
昭和53年 日本海事協会の強化プラスチック船原材料認証工場となる
昭和55年 河芸工場、ロービングクロスJIS許可工場となる
昭和61年 三雲工場操業開始
昭和63年 津工場跡にて、津駅前パーキング営業開始
平成 元年 クロス表面処理加工操業開始
平成 3年 糊付機導入、整経作業操業開始
平成13年 本社を河芸町より三雲町に移す
平成14年 ラミネートマシン導入
平成16年 有限会社中部テキスタイル創立
平成17年 8s巻撚糸機導入
市町村合併により本社住所変更(三雲町西肥留より松阪市西肥留町へ)
「伊勢織物株式会社」より「株式会社イセオリ」に社名変更
平成18年 本社工場・河芸工場・中部テキスタイル ISO9001認証取得
平成19年 河芸工場 設備移転、倉庫に業務変更
平成20年 3次元織物用織機導入
平成21年 資本金1500万円に増資
平成22年 プリプレグ導入
平成23年 都市計画により津駅前パーキング閉鎖
砥石用クロス打抜機導入
平成24年 高速レピアー織機導入
平成25年 資本金2500万円に増資

   
     





copyright. 2005(c) iseori.co.ltd All right reserved.

伊勢織物・繊維・三重・ガラス繊維・カラミ織・断熱材・ロービングクロス・ガラスクロス・工業繊維・イセオリ